石橋 秀野   (1909-1947)

石橋 秀野(いしばし ひでの、1909年2月19日-1947年9月26日)は、俳人。 俳句評論家山本健吉の妻。 [来歴・人物] 明治42年(1909年)2月19日、奈良県に生まれる。 旧姓藪。 文化学院文学部(大学部本科)卒業。 文化学院中学部の時、学監与謝野晶子に短歌を、高浜虚子に俳句を学ぶ。 大学部では正課に俳句がなかった為、勝手に作って虚子に見てもらっていたという。 昭和4年(1929年)、俳句評論家の山本健吉(本名石橋貞吉)と結婚、石橋姓となる。 昭和13年(1938年)頃より、横光利一の十日会句会に参加、俳句を復活し、石田波郷、石塚友二らと相知るようになり「鶴」入会。 後に「鶴」課...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イシバシ ヒデノ
人物別名 石橋秀野
生年 1909年
没年 1947年
職業・経歴等 俳人

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
定本石橋秀野句文集 石橋秀野 著 富士見書房
2000.7
桜濃く : 句文集 石橋秀野 著 創元社
昭和24
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想