桜井 淳   (1946-)

桜井 淳(さくらい きよし、1946年9月14日 - )は群馬県太田市出身の物理学者・技術評論家である。 主に原子力発電所の事故・故障分析を行っており、他に鉄道や航空機の事故などにも言及している。 [経歴] 原研在職中より、技術評論家として数多くのテレビ出演や、雑誌・新聞記事での評論活動を幅広く行っており、原子力発電所や新幹線の安全性を問う著作などを数多く執筆する。 2005年4月に発生したJR福知山線脱線事故の際には数多くのマスコミ(テレビ、新聞)に出演し、評論を行った。 [経歴] 1976年 東京理科大学大学院理学研究科物理学専攻修士課程を修了 1983年10月 理学博士(東京理科大学...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サクライ キヨシ
人物別名 桜井淳
生年 1946年
没年 -
職業・経歴等 評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本「原子力ムラ」昏迷記 桜井淳 著 論創社
2016.5
科学技術社会論序説 桜井淳 著 論創社
2015.11
日本「原子力ムラ」惨状記 桜井淳 著 論創社
2014.9
日本「原子力ムラ」行状記 桜井淳 著 論創社
2013.12
原子力発電は安全ですか? 桜井淳 著 論創社
2012.1
原発の後始末 : 脱原発を加速させる必要条件 桜井淳 著 青春出版社
2012.3
福島原発事故の科学 = The Science of Accidents in Fukushima First Nuclear Power Plants 桜井淳 著 日本評論社
2012.4
「原子力事故」自衛マニュアル : "その時"すべきこと、絶対してはいけないこと 事故・災害と生活を考える会 著 ; 桜井淳 監修 青春出版社
2011.4
原発のどこが危険か 桜井淳 著 朝日新聞
2011.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想