木村 護郎クリストフ   (1974-)

木村護郎クリストフ(きむら ごろう クリストフ、1974年 - )は、日本の言語学者。 学術博士(2002年、一橋大学)。 専門は社会言語学。 木村護郎名義の著作もある。 [人物] 愛知県名古屋市出身。 1997年、東京外国語大学ドイツ語学科卒業。 2002年、一橋大学大学院言語社会研究科博士課程修了。 慶応義塾大学講師、上智大学講師などを経て、2012年、上智大学外国語学部ドイツ語学科教授。 上智大学では、社会言語学とドイツ語の授業を担当している。 また、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスでも言語動態論、多言語コミュニケーション実践とドイツ語を担当している。 極めて闊達なエスペランティストであ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キムラ ゴロウ クリストフ
人物別名 木村護郎クリストフ

キムラ, ゴロウクリストフ

木村, 護郎・クリストフ

木村, 護郎

Kimura, Goro Christoph
生年 1974年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ことばを教える・ことばを学ぶ : 複言語・複文化・ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)と言語教育 泉水浩隆編 行路社
2018.3
ドイツとスイスから考える環境・エネルギー問題へのアプローチ 木村護郎クリストフ編 上智大学ヨーロッパ研究所
2017.3
多言語主義社会に向けて 平高史也, 木村護郎クリストフ 編 くろしお
2017.11
節英のすすめ 木村護郎クリストフ 編著 萬書房
2016.12
ドイツ語日常会話 : パーフェクトフレーズ 高橋亮介, 木村護郎, マルコ・ラインデル, 正木晶子, 中川純子 共著 国際語学社
2011.12
媒介言語論を学ぶ人のために 木村護郎クリストフ, 渡辺克義 編 世界思想社
2009.8
アジアにおける公正な言語政策に向けて : 第5回新渡戸記念国際シンポジウム記録 木村護郎クリストフ, 吉田奈緒子 編 上智大学ヨーロッパ研究所
日本エスペラント学会
2008.3
バイリンガルでろう児は育つ 佐々木倫子 監修 ; 全国ろう児をもつ親の会 編 生活書院
2008.3
マイノリティとは何か : 概念と政策の比較社会学 岩間暁子, ユ・ヒョヂョン 編著 ミネルヴァ書房
2007.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想