西阪 仰   (1957-)

西阪仰(にしざか あおぐ、1957年 - )は、日本の社会学者、千葉大学教授。 専攻はエスノメソドロジー・会話分析。 [来歴] 早稲田大学大学院文学研究科博士課程社会学専攻単位取得退学。 1997年「相互行為分析という視点」で文学博士。 1988年明治学院大学社会学部社会学科助手、89年専任講師、92年助教授、98年教授。 2014年千葉大学文学部教授。 [著書] 『相互行為分析という視点 文化と心の社会学的記述』金子書房 認識と文化 1997 『心と行為 エスノメソドロジーの視点』岩波書店 現代社会学選書 2001 『分散する身体 エスノメソドロジー的相互行為分析の展開』勁草書房 200...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ニシザカ アオグ
人物別名 西阪仰
生年 1957年
没年 -
職業・経歴等 社会学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
共感の技法 西阪仰, 早野薫, 須永将史, 黒嶋智美, 岩田夏穂 著 勁草書房
2013.7
認識と文化 田島信元, 無藤隆 編集 金子書房
2012.5
会話分析基本論集 : 順番交替と修復の組織 H.サックス, E.A.シェグロフ, G.ジェファソン 著 ; 西阪仰 訳 世界思想社
2010.12
女性医療の会話分析 西阪仰, 高木智世, 川島理恵 著 文化書房博文社
2008.6
分散する身体 : エスノメソドロジー的相互行為分析の展開 西阪仰 著 勁草書房
2008.9
現代社会における先端技術の社会的意味に関する社会学的研究 : コンピュータ・ネットワークから遺伝子技術まで 西阪仰研究代表 者不明
2005.3
心と行為 : エスノメソドロジーの視点 西阪仰 著 岩波書店
2001.2
インタラクション 上野直樹, 西阪仰 著 大修館書店
2000.4
会話分析への招待 好井裕明, 山田富秋, 西阪仰 編 世界思想社
1999.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想