井上 光晴   (1926-1992)

井上 光晴(いのうえ みつはる、男性、1926年(大正15年)5月15日 - 1992年(平成4年)5月30日)は日本の小説家。 [来歴・人物] 福岡県久留米市で生まれる。 長崎県崎戸町、佐世保市で育つ。 高等小学校中退後、独学で種々の検定試験に合格。 戦争中は国家主義思想の影響を受けた早熟な少年であったが、戦後日本共産党に入党。 大西巨人、谷川雁らを知る。 1950年共産党の細胞活動の内情を描いた『書かれざる一章』を「新日本文学」に発表し、党指導部より批判される。 いわゆる国際派に属していたため、所感派により党を除名される。 1958年、戦争中の青年の姿を描いた『ガダルカナル戦詩集』を発表...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イノウエ ミツハル
人物別名 井上光晴
生年 1926年
没年 1992年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
地の群れ 井上光晴, 熊井啓脚本 ; 井上光晴原作 ; 熊井啓監督 ディメンション
2015.7, c1970
西海原子力発電所/輸送 井上光晴 著 講談社
2014.3
日本原発小説集 井上光晴, 清水義範, 豊田有恒, 野坂昭如, 平石貴樹 著 ; 柿谷浩一 編 水声社
2011.10
井上光晴集 井上光晴 著 影書房
2008.2
廃墟から : 無伴奏混声合唱のために 原民喜, 井上光晴, 吉田嘉七, 沖縄の伝承詩 詩 ; 信長貴富 作曲 音楽之友社
2008.8
明日 黒木和雄監督 ; 黒木和雄, 井上正子, 竹内銃一郎脚本 ; 井上光晴原作 ; 鍋島壽夫製作 ブロードウェイ
[2006]
あらすじで味わう外国文学 井上光晴 監修 廣済堂
2004.5
明日 黒木和雄監督 ; 鍋島壽夫製作, 井上光晴原作 ブロードウェイ
[2004]
眼の皮膚 遊園地にて 井上光晴 著井上光晴 著 講談社
1999.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想