井口 時男   (1953-)

井口 時男(いぐち ときお、1953年2月3日 - )は、日本の文芸評論家。 [経歴] 新潟県南魚沼市出身。 長岡工業高等専門学校三年修了退学後、東北大学文学部卒業。 1983年、中上健次論「物語の身体」で群像新人文学賞評論部門受賞。 1987年7月、最初の著作『物語論/破局論』を論創社から上梓。 1990年、永山則夫の日本文芸家協会入会拒否事件で、柄谷行人らに続いて協会を退会。 12月、東京工業大学助教授、のち教授。 1994年、椎名麟三論「貧しさの臨界」などを収めた評論集『悪文の初志』で平林たい子文学賞受賞、1997年、『柳田國男と近代文学』で伊藤整文学賞受賞。 2003年3月からの『新...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イグチ トキオ
人物別名 井口時男
生年 1953年
没年 -
職業・経歴等 文芸評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
金子兜太 : 俳句を生きた表現者 井口時男著 藤原書店
2021.1
大洪水の後で : 現代文学三十年 井口時男著 深夜叢書社
2019.8
国語総合 井口時男 [ほか] 著 教育
2017.2
永山則夫の罪と罰 井口時男 著 コールサック社
2017.8
現代文B 井口時男 [ほか] 著 教育
[2017]
現代文B 井口時男 [ほか] 著 教育
2018.1
天來の獨樂 井口時男 著 深夜叢書社
2015.10
現代文A青春文学名作選 井口時男 [ほか] 著 教育
2014.1
現代文B 井口時男 [ほか] 著 教育
2014.1
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想