安 宇植   (1932-2010)

安 宇植(アン ウシク、1932年12月18日 - 2010年12月22日)は、日本に在住していた朝鮮語文学研究者、評論家、桜美林大学名誉教授。 [略歴] 東京府生まれ。 1960年代から朝鮮語文学の日本への紹介につとめる。 当時の翻訳として、北朝鮮の作家、黄健の『ケマ高原』(新日本出版社)がある。 1970年代からは、南北にこだわらずに朝鮮語文学の翻訳・紹介、研究に主眼をおき、1930年代に日本語で作品を書いた金史良の生涯を調査し、岩波新書から『金史良』を出版した。 また、1930年代に書かれた研究書、金台俊『朝鮮小説史』(平凡社東洋文庫)を翻訳した。 1982年、尹興吉『母(エミ)』の翻...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アン ウシク
人物別名 安宇植

Ahn, Woo-Sik
生年 1932年
没年 2010年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
冠村随筆 李文求 著 ; 安宇植 訳 ; 川村湊 校閲 インパクト出版会
2016.12
母をお願い 申京淑 著 ; 安宇植 訳 集英社
2011.9
されど 洪盛原 著 ; 安宇植 訳 本の泉社
2010.4
いまは静かな時 東アジア文学フォーラム日本委員会 編 トランスビュー
2010.11
他人への話しかけ 殷 煕耕【著】《ウン ヒギョン》;安 宇植【訳】 トランスビュー
2010.11.25
実録東学農民革命史 申淳鐵, 李眞榮 著 ; 安宇植 訳 東学農民革命記念事業会
2008.2
いま、私たちの隣りに誰がいるのか 安宇植 編訳 作品社
2007.5
朝鮮小説史 金台俊[著] ; 安宇植訳注 平凡社
2007.9
離れ部屋 申京淑 著 ; 安宇植 訳 集英社
2005.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想