市川 拓司   (1962-)

市川 拓司(いちかわ たくじ、1962年10月7日 - )は、日本の小説家。 [経歴] 東京都出身で小学校まで府中市で過ごし、中学生のときに埼玉県へ移住、以降県内で暮らす。 埼玉県立与野高等学校、獨協大学経済学部経済学科卒業。 出版社に就職するが3ヶ月で退職(本人いわく、ぶち壊し)、バイクで日本一周の旅に出る。 2年間フリーターをした後、少人数で働く税理士事務所に14年に渡って勤める。 その頃から妻のためにと小説を書き始め、1997年からはインターネット上で多数の作品を発表していた。 ミステリー作家としてのデビューを目指していたこともあり、サントリーミステリー大賞、鮎川哲也賞、創元推理短編賞...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イチカワ タクジ
人物別名 市川拓司

Ichikawa, Takuji

이치카와, 다쿠지
生年 1962年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
永遠に解けないパズル 市川拓司著 小学館
2019.7
壊れた自転車でぼくはゆく 市川拓司 著 朝日新聞
2018.1
私小説 市川 拓司【著】 朝日新聞出版
2018.3.30
MM 市川拓司 著 小学館
2017.7
こんなにも優しい、世界の終わりかた 市川拓司 著 小学館
2016.5
ぼくが発達障害だからできたこと 市川拓司 著 朝日新聞
2016.6
壊れた自転車でぼくはゆく 市川拓司 著 朝日新聞
2015.1
ねえ、委員長 市川拓司 [著] 幻冬舎
2014.4
ぼくらは夜にしか会わなかった 市川拓司 著 祥伝社
2014.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想