姜 昌一   (1952-)

姜 昌一(カン・チャンイル)は、大韓民国の政治家(第17、18代国会議員)である。 東京大学大学院文学研究科で伊藤隆教授の指導を受けたこともある歴史学者で、日清戦争期の朝鮮における民衆運動が専門分野だったが、政界に転じ、現在は最大野党である新政治民主連合に所属している。 「過去史清算に向けた議員の集い」会長。 2011年5月24日、ロシアが実効支配している日本固有の領土である北方領土の一つである国後島を、日本国の許可を得ずに訪問し、日本国から抗議をうけると「日本側の一方的な論理」としてロシアの実効支配を改めて支持を行った。 日本の教科書や防衛白書に竹島の領土問題が記載されていることに強硬な姿勢...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カン・チャンイル
人物別名 姜昌一

강, 창일

Gang, Chang-il

Kang, Chang-il
生年 1952年
没年 -
職業・経歴等 国会議員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
異文化理解の視座 : 世界からみた日本、日本からみた世界 小島孝之, 小松親次郎 編 東京大学出版会
2003.4
근대 일본의 조선침략과 대아시아주의 : 우익낭인의 행동과 사상을 중심으로 강창일 지음 역사비평사
2002.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想