合原 一幸   (1954-)

合原 一幸(あいはら かずゆき、1954年 - )は日本の研究者。 カオスニューラルネットワークの概念を提唱したことで知られる。 神経回路のような複雑性を持つネットワークを対象に、複雑系やカオス理論分野の知見を用いて数理モデルの構築を行なっている。 2008年現在、東京大学生産技術研究所教授。 工学博士。 [略歴] 1977年3月 東京大学 工学部 電気工学科 卒業 1982年3月 東京大学大学院 工学系研究科 電子工学専攻 博士課程修了 工学博士 論文の題は「神経興奮膜における自励発振現象の解析 」。 1982年4月 日本学術振興会奨励研究員 1983年4月 東京電機大学工学部 助手 19...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アイハラ カズユキ
人物別名 合原一幸

Aihara, Kazuyuki
生年 1954年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
情報ネットワーク科学シリーズ 電子情報通信学会 監修 コロナ社
2018.1
人工知能はこうして創られる 合原一幸 編著 ; 牧野貴樹, 金山博, 河野崇, 青野真士, 木脇太一 著 ウェッジ
2017.9
理工学系からの脳科学入門 合原一幸, 神崎亮平編 東京大学出版会
2017.2
暮らしを変える驚きの数理工学 合原一幸 編著 ; 占部千由, 近江崇宏, 阿部力也, 長谷川幹雄, 鈴木大慈 著 ウェッジ
2015.5
社会を変える驚きの数学 合原一幸 編著 ウェッジ
2008.6
理工学系からの脳科学入門 合原一幸, 神崎亮平 編 東京大学出版会
2008.8
爆笑問題のニッポンの教養 : 爆問学問 太田光, 田中裕二 著 講談社
2008.10
脳はここまで解明された : 内なる宇宙の神秘に挑む 合原一幸 編著 ウェッジ
2004.3
<1分子>生物学 : 生命システムの新しい理解 合原一幸, 岡田康志 編 岩波書店
2004.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想