竹村 和子   (1954-2011)

竹村 和子(たけむら かずこ、1954年(昭和29年) - 2011年12月13日)は、日本の英文学者。 専門は英米文学、批評理論、フェミニズム思想。 [略歴] お茶の水女子大学教育学部卒業。 お茶の水女子大学大学院および筑波大学大学院修了。 香川大学教育学部助手・講師・助教授、成蹊大学助教授、筑波大学助教授を経て、お茶の水女子大学教授。 2003年 御茶の水大学 人文科学博士 論文の題は「愛について : アイデンティティと欲望の政治学」。 2011年(平成23年)12月13日 悪性腫瘍で死去。 57歳没。 [著書] 『フェミニズム』(岩波書店 2000年) 『愛について ―― アイデンテ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タケムラ カズコ
人物別名 竹村和子
生年 1954年
没年 2011年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
偶発性ヘゲモニー普遍性 : 新しい対抗政治への対話 ジュディス・バトラー, エルネスト・ラクラウ, スラヴォイ・ジジェク著 ; 竹村和子, 村山敏勝訳 青土社
2019.7
ジェンダー・トラブル ジュディス・バトラー 著 ; 竹村和子 訳 青土社
2018.3
触発する言葉 ジュディス・バトラー [著] ; 竹村和子 訳 岩波書店
2015.10
境界を攪乱する : 性・生・暴力 竹村和子 著 岩波書店
2013.5
彼女は何を視ているのか : 映像表象と欲望の深層 竹村和子 著 ; 河野貴代美, 新田啓子 編集 作品社
2012.12
文学力の挑戦 : ファミリー・欲望・テロリズム 竹村和子 著 研究社
2012.5
女性・ネイティヴ・他者 : ポストコロニアリズムとフェミニズム ミンハ 著 ; 竹村和子 訳 トリン・T 岩波書店
2011.11
思想と文化 竹村和子, 義江明子 編著 明石書店
2010.7
壊れゆく世界と時代の課題 市野川容孝, 小森陽一 編 岩波書店
2009.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想