井森 陸平   (1903-1982)

井森 陸平(ゐもり りくへい、1903年3月26日 - 1982年12月29日)は、日本の社会学者、甲南大学名誉教授(文学博士)。 専門は、農村社会学、産業社会学。 [来歴・人物] 岐阜県郡上郡西和良村鬼谷(現・郡上市八幡町美山)生まれ。 その父(京之助)は農商務省京都蚕業講習所(現・京都工芸繊維大学)の第一回卒業生であり蚕業技術者だった。 また郡上八幡の実家では養蚕を行っていた。 1926年3月、東京帝国大学文学部社会学科卒業。 その後、鳥取高等農業学校、第八高等学校、名古屋大学、金沢大学、愛知大学、甲南大学(1973年3月定年退職)の教授を歴任した。 甲南大学の就任には臼井二尚の推薦があ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イモリ リクヘイ
人物別名 井森陸平
生年 1903年
没年 1982年
職業・経歴等 社会学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
産業構造と社会変動 河野健二 編 日本評論社
1976
経営理念の社会学的研究 井森陸平, 倉橋重史, 大西正曹 共著 晃陽書房
1976
酒の社会学的研究 井森陸平 著 ミネルヴァ書房
1972
社会学原論 井森陸平著 関書院
1960.7
産業社会学 井森陸平 著 関書院
1959
産業社会学 井森陸平著 関書院新社
1959
パレート一般社会学論考 井森陸平 著 関書院
1949
都市と農村 井森陸平 著 時代社
昭和19
農村文化 井森陸平 著 巌松堂書店
1944
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
現代労働者の余暇 井森 陸平
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想