笹本 正治   (1951-)

笹本 正治(ささもと しょうじ、1951年12月19日 - )は、日本の歴史学者、信州大学人文学部教授。 専攻は日本中・近世史。 [略歴] 山梨県中巨摩郡敷島町神戸(現甲斐市)に生まれる。 生家は林業を営む農家。 1974年信州大学人文学部卒業。 卒論は甲斐国九一色郷を題材に戦国期における山の生業と戦国大名としての武田氏の勢力について考察した「九一色郷特権の成立とその背景-戦国大名権力基盤の一考察-」。 卒業後は長野県阿南高等学校教諭。 信濃史学会に所属して山村史研究を行い、富士川支流の早川入や故郷敷島町域にあたる旧十二ヶ村の杣・大鋸制度を題材に中近世における林業の多様性を指摘している。 1...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ササモト ショウジ
人物別名 笹本正治
生年 1951年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
歴史のなかの音 : 音がつなぐ日本人の感性 笹本正治著 三弥井書店
2021.7
戦国時代は何を残したか : 民衆の平和 神仏への思い 自然開発 笹本正治著 信濃毎日新聞社
2020.7
鳴動する中世 : 怪音と地鳴りの日本史 笹本正治著 吉川弘文館
2020.11
古地図で楽しむ信州 笹本正治編著 風媒社
2019.7
さくら サクラ 桜 笹本正治著 ; 安曇野市教育委員会編 安曇野市
2017.3
中世の災害予兆 笹本正治 著 吉川弘文館
2017.10
資料で読み解く真田一族 笹本正治 監修 ; 和根崎剛 責任編集 郷土出版社
2016.2
信濃の戦国武将たち 笹本正治 著 宮帯出版社
2016.4
地域から見た戦国150年 笹本 正治【著】 ミネルヴァ書房
2016.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想