生田 勉   (1912-1980)

生田 勉(いくた つとむ、1912年2月20日 - 1980年8月4日)は、日本の建築家、建築学者。 東京大学名誉教授。 [来歴] 北海道小樽市生まれ。 第一高等学校から、1939年東京帝国大学工学部建築学科卒。 一高同期に立原道造、大学の一期上に丹下健三・浜口隆一がいる。 特に立原とは深く交わった。 また、ル・コルビュジェの作品・思想に強い影響を受けた。 逓信省営繕課勤務を経て、1944年一高教授。 その後東大教養学部助教授となり、1961年教授、1972年定年退官。 木造の温かみを生かした住宅・山荘作品に独自の境地を開いた。 また、アメリカの文明批評家、ルイス・マンフォードの著作の紹介者...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イクタ ツトム
人物別名 生田勉
生年 1912年
没年 1980年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
伽藍が白かったとき ル・コルビュジエ 著 ; 生田勉, 樋口清 訳 岩波書店
2007.7
都市と人間 ルイス マンフォード【著】<Mumford Lewis>;生田 勉;横山 正【訳】 新思索社
2006.10.30
現代文明を考える : 芸術と技術 L.マンフォード 著 ; 生田勉, 山下泉 訳 講談社
1997.8
権力のペンタゴン : 機械の神話第二部 マンフォード ルイス【著】<Mumford Lewis>;生田 勉;木原 武一【訳】 河出書房新社
1990.11.5
芸術と技術 L.マンフォード 著 ; 生田勉, 山下泉 訳 岩波書店
1985.4
杳かなる日の : 生田勉青春日記 1931~1940 生田勉 著 ; 生田勉日記刊行会 編 麦書房
1983.7
栗の木のある家 生田勉 著 風信社
1982.7
都市と人間 L.マンフォード 著 ; 生田勉, 横山正 訳 思索社
1981.12
解釈と予測 : アンソロジー 1922-1972 ルイス・マンフォード 著 ; 生田勉, 樋口清, 木原武一 訳 河出書房新社
1975
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
機能主義と芸術 生田 勉
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想