惠 棟   (1697-1758)

恵 棟(けい・とう、1697年 - 1758年)中国・清代中期の儒学者。 字は定宇、松崖と号し小紅豆先生と称される。 戴震に始まる皖派とともに、呉派の創始者として清朝漢学を大成する。 [略伝と著作] 江蘇省呉県の出身。 祖父の周惕、父の士奇ともに経学を講じる学者の家柄であった。 三恵として世に知られるが、中でも棟がもっとも優れるという。 士奇の次男として生まれ、幼少より学問が好きで、家の蔵書に読みふける毎日を送る。 経史・諸子・雑説・道仏にいたるまで広く豊富な知識を持つ。 もっとも力を注いだのが「易」であり、『易漢学』『周易述』などを著す。 荀爽・虞翻の説を中心に、鄭玄などの諸説を参考に自説...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ケイ トウ
人物別名 惠棟

定宇

松崖

ding yu

song ya
生年 1697年
没年 1758年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
春秋左傳補註 6卷 (清) 惠棟著 玉山堂山城屋佐兵衛
天保8 [1837]
春秋左傳補註 6卷 (清)惠棟著 學聚堂
玉山堂山城屋佐兵衛
天保8 [1837] 刊
春秋左傳補註 6卷 (清)惠棟著 ; (日本)吉田敏成覆校 玉山堂山城屋佐兵衛
天保8 [1837]
春秋左傳補註 6卷 (清)惠棟著 ; (日本)吉田敏成覆校 和泉屋金右衛門(玉巖堂) [ほか]
[18--]
春秋左傳補註 6卷 (清)惠棟著 ; (日本)吉田敏成覆校 和泉屋金右衛門(玉巖堂) [ほか]
[1---]
周易述 : 附易漢學, 易例 (清)惠棟撰 ; 鄭万耕點校 中華書局
2007.9
東呉三惠詩文集 惠周惕, 惠士奇, 惠棟撰 ; 漆永祥點校 中央研究院中國文哲研究所
2006.5
周易述 : 简体横排本/ (清) 惠栋撰 ; 周易工作室点校 - 九州出版社
2005.5
质疑 2卷 杭世骏撰 学園出版社
[2005.9]
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想