水本 邦彦   (1946-)

水本邦彦(みずもと くにひこ、1946年- )は、日本の歴史学者、京都府立大学・長浜バイオ大学名誉教授。 日本近世史専攻。 [略歴] 群馬県桐生市に生まれる。 1975年京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。 91年「近世の村社会と国家」で文学博士。 1976年愛媛大学法文学部講師、助教授。 1981年京都府立大学文学部助教授、教授、文学部長、2009年定年退職。 2009年から2014年まで長浜バイオ大学教授。 [著書] 近世の村社会と国家 東京大学出版会 1987.10 近世の郷村自治と行政 東京大学出版会 1993.11 京都府の歴史(共)山川出版社1999.8 絵図...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミズモト クニヒコ
人物別名 水本邦彦
生年 1946年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
海辺を行き交うお触れ書き : 浦触の語る徳川情報網 水本邦彦著 吉川弘文館
2019.8
近世社会との往還 : 私の歴史研究 : 水本邦彦先生70歳記念文集 [水本邦彦著] ; 東昇編集 ふとで会
2016.12
水本邦彦 著 岩波書店
2015.2
環境の日本史 水本 邦彦【編】 吉川弘文館
2013.1
徳川社会論の視座 水本邦彦 著 敬文舎
2013.1
日本史における情報伝達 松原弘宣, 水本邦彦 編 創風社
2012.7
京都府の歴史 朝尾直弘, 吉川真司, 石川登志雄, 水本邦彦, 飯塚一幸 著 山川出版社
2010.10
全集日本の歴史 水本 邦彦【著】 小学館
2008.9
随心院門跡を中心とした京都門跡寺院の社会的機能と歴史的変遷に関する研究 水本邦彦研究代表 京都府立大学文学部
2006.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想