立川 健二   (1958-)

立川 健二(たつかわ けんじ、1958年7月31日 - )は、埼玉県出身の思想評論家。 東京大学大学院修了。 フェルディナン・ド・ソシュール研究の集大成として『≪力≫の思想家 ソシュール』、『現代言語論』(山田広昭との共著)を出版。 大阪市立大学勤務の後、東北学院大学教養学部専任講師として赴任した1991年に『誘惑論』を上梓し、注目を集める。 ソシュール研究の立場から、言語と文化、記号論などの講義を担当。 学部生対象のゼミ「誘惑論セミネール」、また、現代言語論研究会を主宰し、論文集『PHILOLOGIE』を同会で出版。 同大学助教授時代に『愛の言語学』(1995年)を上梓。 その一方で、会の運...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タツカワ ケンジ
人物別名 立川健二
生年 1958年
没年 -
職業・経歴等 評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
言語の復権のために : ソシュール、イェルムスレウ、ザメンホフ 立川健二著 論創社
2020.2
ポストナショナリズムの精神 立川健二 著 現代書館
2000.3
ソシュール言語学入門 フランソワーズ・ガデ 著 ; 立川健二 訳 新曜社
1995.5
愛の言語学 立川健二 著 夏目書房
1995.7
語る身体のスキャンダル : ドン・ジュアンとオースティンあるいは二言語による誘惑 S.フェルマン 著 ; 立川健二 訳 勁草書房
1991.1
誘惑論 : 言語と(しての)主体 立川健二 著 新曜社
1991.9
現代言語論 : ソシュール フロイト ウィトゲンシュタイン 立川健二, 山田広昭 著 新曜社
1990.6
「力」の思想家ソシュール 立川健二 著 風の薔薇
1986.12
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想