大橋 英寿   (1939-)

大橋 英寿(おおはし ひでし、1939年 - )は、日本の社会心理学者。 東北大学名誉教授。 専門は、社会心理学、シャーマニズム心理学。 北海道旭川市生まれ。 東北大学大学院文学研究科修了。 京都教育大学、東北大学教授を経て、2002年3月から2009年3月まで放送大学教授。 放送大学在籍中に、同大学副学長、宮城学習センター所長を歴任。 2009年3月に放送大学を定年退職。 シャーマニズムの社会心理学的研究、沖縄におけるユタの研究、南米日系移民労働者の事例研究で著作・論文を多数発表している。 [主な著作・編集] 沖縄シャーマニズムの社会心理学的研究(弘文堂、1998年)ISBN 433565...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオハシ ヒデシ
人物別名 大橋英寿
生年 1939年
没年 -
職業・経歴等 社会学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
メンタルケア用語事典 石原明, 大橋英寿, 小嶋秀夫, 佐藤登志郎, 三宅和夫 監修 ; メンタルケア協会 編 メンタルケア協会
慶應義塾大学出版会
2007.8
社会心理学特論 : 発達・臨床との接点を求めて 大橋英寿, 細江達郎 編著 放送大学教育振興会
2005.3
フィールド社会心理学 大橋英寿 編著 放送大学教育振興会
2004.3
沖縄にみる"野のカウンセラ-" : 現代医療と民俗治療 小川寿美子責任編集 ; 仲村永徳、大橋英寿監修 国際協力事業団沖縄国際センター
2003.1
社会心理学特論 : 人格・社会・文化のクロスロード 大橋英寿 編著 放送大学教育振興会
2002.3
長寿社会における死生観 : 沖縄シャーマニズム再考 大橋英寿研究代表者 大橋英寿
2002.3
意味の形成と発達 岡本夏木, 山上雅子 編 ミネルヴァ書房
2000.10
沖縄シャーマニズムの社会心理学的研究 大橋英寿研究代表者 大橋英寿
1999.3
沖縄シャーマニズムの社会心理学的研究 大橋英寿 著 弘文堂
1998.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想