百川 敬仁   (1948-)

百川 敬仁(ももかわ たかひと、1948年5月15日 - )は、国文学者、前明治大学法学部教授。 旧姓・桑野。 東京大学国文科卒、同大学院中退、1974年東大教養学部助手、1982年国文学研究資料館助教授、明大助教授を経て教授。 2012年9月退職。 日本近世文学が専門で本居宣長を研究するが、「もののあはれ」というのは、最終的に集団的な悲哀感の中へともろもろの問題を解消してしまう日本特有の心性だと論じる。 ほか夢野久作など近代文学も論じる。 [著書] 『内なる宣長』東京大学出版会 1987 『「物語」としての異界』砂子屋書房 1990 『江戸文化の変容 十八世紀日本の経験』共著 平凡社 19...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ モモカワ タカヒト
人物別名 百川敬仁
生年 1948年
没年 -
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
夢野久作 : 方法としての異界 百川敬仁 著 岩波書店
2004.12
日本のエロティシズム 百川敬仁 著 筑摩書房
2000.4
日本人の自然観 : 縄文から現代科学まで 伊東俊太郎 編 河出書房新社
1995.8
江戸文化の変容 : 十八世紀日本の経験 百川敬仁 ほか著 平凡社
1994.6
「物語」としての異界 百川敬仁 著 砂子屋書房
1990.1
内なる宣長 百川敬仁 著 東京大学出版会
1987.6
文学における「向う側」 国文学研究資料館 編 明治書院
1985.6
講座日本思想 相良亨 ほか編集 東京大学出版会
1983.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想