荒金 天倫   (1920-1990)

荒金 天倫(あらかね てんりん、大正9年(1920年)3月4日 - 平成2年(1990年)1月7日)は、日本臨済宗の禅僧。 臨済宗方広寺派第九代管長。 諱は義堂、室号は碧雲室(へきうんしつ)。 禅僧からジャーナリスト、そして再び禅僧になるという、ユニークな経歴を持つ。 [経歴] 大正9年(1920年)、3月4日、大分県大分市に生まれる(戸籍名:喜義)。 北九州市若松の臨済宗高岳寺(第一世住職が父の荒金雲外)で育つ。 昭和9年(1934年)、万寿寺の師家奥大節(おくだいせつ)老師に弟子入り。 昭和12年(1937年)、県立大分中学校卒業後、京都市嵐山天龍僧堂に入門。 関精拙(せきせいせつ)管長...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アラカネ テンリン
人物別名 荒金天倫
生年 1920年
没年 1990年
職業・経歴等 作詞家
をも見よ 荒金, 義喜(1920-)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
死を見つめる心の科学 : 生きるのは、あなたです 荒金天倫, 高田明和 著 講談社
1989.11
現代を生きる 荒金天倫 著 鈴木
1986.12
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想