加藤 雅人   (1955-)

加藤 雅人(かとう まさと、1955年 - )は、日本の哲学者、関西大学外国語学部教授。 専攻は西洋中世の言語哲学。 [来歴] 京都府生まれ。 京都大学大学院修士課程修了、1983年、同博士後期課程。 1998年、「ガンのヘンリクスの哲学」で京大博士(文学)。 大阪女子短期大学専任講師、助教授、関西大学総合情報学部助教授、教授、外国語学部教授。 [著書] 『ガンのヘンリクスの哲学』創文社、1999年1月。 ISBN 4423171120 『意味を生み出す記号システム: 情報哲学試論』世界思想社、2005年10月。 ISBN 4790711471 [共著] 『哲学すること: 存在の真理への...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カトウ マサト
人物別名 加藤雅人
生年 1955年
没年 -
職業・経歴等 哲学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
部分と全体の哲学 松田毅 編著 春秋社
2014.11
中世哲学を学ぶ人のために 中川純男, 加藤雅人 編 世界思想社
2005.9
意味を生み出す記号システム : 情報哲学試論 加藤雅人 著 世界思想社
2005.10
ガンのヘンリクスの哲学 加藤雅人 著 創文社
1998.11
西欧13世紀の第4・四半世紀におけるガンのヘンリクスの思想 加藤雅人研究代表 加藤雅人
1997.3
後期中世の哲学 : 1150-1350 ジョン・マレンボン 著 ; 加藤雅人 訳 勁草書房
1989.7
哲学すること : 存在の真理への覚醒 加藤清, 加藤雅人 著 勁草書房
1987.4
意味論の内と外 : アクィナス言語分析メレオロジー 加藤雅人著 関西大学出版部
2019.3
西洋後期中世哲学におけるesseの意味論 加藤雅人, 山本幾生研究代表 加藤雅人
山本幾生
2003.3
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想