高島 野十郎   (1890-1975)

高島 野十郎(たかしま やじゅうろう、1890年〈明治23年〉8月6日 - 1975年〈昭和50年〉9月17日)は、大正 - 昭和の画家。 独学で絵の道に入り、透徹した精神性でひたすら写実を追求。 終生家族を持たず、画壇とも一切関わらず隠者のような孤高の人生を送った。 本名彌壽(やじゅ)、字は光雄。 [経歴] 福岡県御井郡合川村足穂(現・久留米市合川町)の醸造家高島善蔵・カツの六男二女の五男として生まれた。 足穂尋常小学校、御井高等小学校を経て県立明善中学に進む。 (27期生)。 長兄で詩人の宇朗は15期生、その無二の親友で画家青木繁は19期生。 中学卒業後、東京美術学校進学を希望するも家業...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカシマ ヤジュウロウ
人物別名 高島野十郎

高嶋, 弥寿

光雄

髙島, 野十郎
生年 1890年
没年 1975年
職業・経歴等 画家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
髙島野十郎 髙島野十郎 [画] 東京美術
2015.12
髙島野十郎里帰り展 髙島野十郎 [画] 石橋財団石橋美術館
2011.7
画家のかたち、情熱のかたち 桜井浜江, 高島野十郎, 田中田鶴子, ラインハルト・サビエ [画] 三鷹市芸術文化振興財団
2010.7
高島野十郎画集 : 作品と遺稿 高島野十郎 著 ; 川崎浹, 西本匡伸 監修 求竜堂
2008.3
旅する野十郎 福岡県立美術館学芸課編集 福岡県立美術館
2007.9
高島野十郎 : 没後30年 高島野十郎 画 朝日新聞社事業本部西部企画事業チーム
2006.8(第3刷)
高島野十郎 : 没後30年 : 2005-2006 西本匡伸, 浅倉祐一朗, 江端和彦編 朝日新聞社事業本部西部企画事業チーム
[2006]
没後30年高島野十郎 : Yajyuro Takashima 2005-2006 西本匡伸, 浅倉祐一朗, 江端和彦編集 朝日新聞社事業本部西部企画事業チーム
c2005
高島野十郎展 : 孤高の画家 柏市教育委員会編集 柏市教育委員会
2000.3
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想