大里 浩秋   (1944-)

大里 浩秋(おおさと ひろあき、1944年 - )は、日本の中国史研究者。 東京大学文学部中国文学科を卒業後、大学院を博士課程まで進み、大学院在学中に中国広州市の広州外国語学院(現・広東外語外資大学)で2年半日本語教師をした。 1987年以来神奈川大学に勤務。 現職は神奈川大学外国語学部教授。 専門は中国近現代史、日中近現代関係史。 1992年 - 1996年と2000年 - 2002年の2度、日本現代中国学会の理事を務めた。 [著書] ※いずれも共著 『中国軍事教本』龍渓書社、1976年 『中国農村の細密画 』研文出版、1985年 『金は天から降ってこない - フツー人の中国』平凡社...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオサト ヒロアキ
人物別名 大里浩秋
生年 1944年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
東アジアにおける租界研究 : その成立と展開 大里浩秋, 内田青蔵, 孫安石編著 東方書店
2020.3
近現代中国人日本留学生の諸相 大里浩秋, 孫安石 編著 御茶の水書房
2015.3
戦後日本と中国・朝鮮 : プランゲ文庫を一つの手がかりとして 大里浩秋 編 研文
2013.3
辛亥革命とアジア : 神奈川大学での辛亥100年シンポ報告集 大里浩秋, 李廷江 編 御茶の水書房
2013.3
昭和5年7月〜11月/昭和6年1月 : 日華学報 大里 浩秋;見城 悌治;孫 安石【監修・編】《ソン アンソク》 ゆまに書房
2012.12.21
昭和6年2月〜8月 : 日華学報 大里 浩秋;見城 悌治;孫 安石【監修・編】《ソン アンソク》 ゆまに書房
2012.12.21
昭和6年9月〜昭和7年4月 : 日華学報 大里 浩秋;見城 悌治;孫 安石【監修・編】《ソン アンソク》 ゆまに書房
2012.12.21
昭和7年6月・8月・10月・12月/昭和8年2月・3月・6月・8月 : 日華学報 大里 浩秋;見城 悌治;孫 安石【監修・編】《ソン アンソク》 ゆまに書房
2012.12.21
昭和8年10月・12月/昭和9年2月・6月・9月・12月 : 日華学報 大里 浩秋;見城 悌治;孫 安石【監修・編】《ソン アンソク》 ゆまに書房
2012.12.21
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想