飯島 宗一   (1922-2004)

飯島 宗一(いいじま そういち、1922年11月28日 - 2004年3月1日)は、長野県岡谷市出身の医学者(病理学者)である。 医学博士。 [人物] 旧制諏訪中学(現長野県諏訪清陵高等学校)、旧制松本高校を経て、1946年名古屋帝国大学医学部卒業。 広島大学医学部で原爆症を研究。 同大学教授を歴任、大学紛争の中46歳で広島大学学長となり、紛争収束後の大学再建を指揮した。 広大学長を辞した後は、母校の名古屋大学に移り、同大学医学部病理学科教授、同大学学長を歴任した。 学長を歴任した両大学で名誉教授号を得ている。 1954年 名古屋大学 医学博士 論文の題は 「海[メイ]肝細胞核の自己融解並び...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イイジマ ソウイチ
人物別名 飯島宗一
生年 1922年
没年 2004年
職業・経歴等 医師

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
病理学序説 - 丸善
2013
炎症と感染 - 丸善
2013
皮膚および付属器 1 - 丸善
2013
皮膚および付属器 2 - 丸善
2013
皮膚および付属器 3 - 丸善
2013
飯島宗一先生追悼集 飯島宗一先生追悼集刊行会編 飯島宗一先生追悼集刊行会
2005.3
今、この国を救うもの : 教育改革 飯島宗一, 西澤潤一 監修 ; 日本の教育改革を進める会 編 善本社
2002.12
学窓雑記 飯島宗一 著 信濃毎日新聞社
2000.4
人間性の医学 飯島宗一, 加藤延夫 監修 ; 堀田知光, 太田美智男 編 名古屋大学出版会
1997.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想