安達 忠夫   (1944-)

安達 忠夫(あだち ただお、1944年 - )は、日本の文学者。 埼玉大学教授。 [人物] 福島県平市(現いわき市)出身。 埼玉大学でドイツ文学の教鞭を取るかたわらで、「音読式素読」を提唱している。 1984年から週に1、2回、自宅で「寺子屋」を開き、近所の子供達に、論語、いろはカルタ、聖書などの素読を教えている。 新聞の投書欄などに大学教授として、たびたび意見を投稿する論客である。 また、群馬県旧新治村に在住していたとき、不透明な村政の検証に取り組んでいた人物としても知られている。 [経歴] 1970年 - 東京大学文学部独語独文学科 卒業 1972年 - 東京大学大学院人文科学研究科 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アダチ タダオ
人物別名 安達忠夫
生年 1944年
没年 -
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
素読のすすめ 安達忠夫 著 筑摩書房
2017.11
アンデルセン 安達忠夫 著 清水書院
2016.3
アンデルセン 安達忠夫 著 清水書院
2007.9
感性をきたえる素読のすすめ : くりかえし声を出して古典を読むことの楽しさと価値 安達忠夫 著 カナリア書房
2004.1
脳と音読 川島隆太, 安達忠夫 著 講談社
2004.5
子どもの小宇宙 (ミクロコスモス) : 育児と育自の接点をさぐる 安達忠夫著 創教
1998.4
ドイツ現近代文学における黙示録的想像力のはたらきと変遷 研究代表者 安達忠夫 安達忠夫
1991.12
母と子の漢文語感教育法 安達忠夫 著 創教
1989.4
ミヒャエル・エンデ 安達忠夫 著 講談社
1988.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想