富谷 至   (1952-)

冨谷 至(とみや いたる、1952年1月 - )は、大阪府出身の中国史学者。 京都大学人文科学研究所(京大人文研)教授。 専門は中国法制史、簡牘学。 1975年に京都大学文学部東洋史を卒業、1977年同大学院博士課程中退。 京大人文研助手、大阪大学教養部助教授、京大人文研助教授を経て現職となる。 1997年「秦漢刑罰制度考証」で文学博士を受けた。 ケンブリッジ大学訪問研究員、ドイツ・ミュンスター大学客員教授、中国西北大学客員教授を歴任。 [著書] 『ゴビに生きた男たち 李陵と蘇武』白帝社[中国歴史人物選 第2巻]、1994年5月 『古代中国の刑罰 髑髏が語るもの』中公新書、1995年7月 『...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ トミヤ イタル
人物別名 富谷至

冨谷, 至
生年 1952年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
漢倭奴国王から日本国天皇へ : 国号「日本」と称号「天皇」の誕生 冨谷至著 臨川書店
2018.3
概説中国史 冨谷至, 森田憲司 編 昭和堂
2016.2
概説中国史 冨谷至, 森田憲司 編 昭和堂
2016.2
中華帝国のジレンマ 冨谷至 著 筑摩書房
2016.2
漢唐法制史研究 冨谷至 著 創文社
2016.2
木簡と中国古代 冨谷至, 目黒杏子, 土口史記 著 ; 京都大学人文科学研究所附属東アジア人文情報学研究センター 編 研文
2015.2
漢簡語彙考証 冨谷至 編 岩波書店
2015.3
木簡・竹簡の語る中国古代 冨谷至 著 岩波書店
2014.11
四字熟語の中国史 冨谷至 著 岩波書店
2012.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想