峰岸 真琴   (1956-)

峰岸 真琴(みねぎし まこと、1956年12月 - )は日本の言語学者。 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授、副所長(兼務)。 言語学、言語基礎論、言語類型論が専門。 文部科学省グローバルCOEプログラム「コーパスに基づく言語学教育研究拠点」の事業推進者(拠点リーダー)。 [略歴] 1979年3月 東京大学文学部卒業 1981年3月 東京大学大学院人文科学研究科言語学専修 修士課程修了 1986年3月 東京大学大学院人文科学研究科言語学専修 博士課程単位取得退学 1986年4月 東京大学文学部 助手 1987年4月 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 助手 1992年...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミネギシ マコト
人物別名 峰岸真琴
生年 1956年
没年 -
職業・経歴等 言語学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
コーパスを用いた言語研究の可能性 富盛伸夫, 峰岸真琴, 川口裕司編 東京外国語大学大学院地域文化研究科グローバルCOEプログラム「コーパスに基づく言語学教育研究拠点」
2009.3-
言語記述から言語分析の応用へ 稗田乃, 峰岸真琴, 川口裕司編 東京外国語大学大学院地域文化研究科グローバルCOEプログラム「コーパスに基づく言語学教育研究拠点」
2009.3
言語基礎論の構築へ向けて 峰岸真琴 編 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
2006.12
ミャンマー連邦東北地方パラウン語の記述および使用状況の研究 研究代表者 峰岸真琴 峰岸真琴
2008.6
タイ東北地方クーイ語の音声・音韻研究 研究代表者 峰岸真琴 峰岸真琴
2005. 6
言語学・応用言語学・情報工学 川口裕司, 峰岸真琴 編 東京外国語大学大学院地域文化研究科21世紀COEプログラム「言語運用を基盤とする言語情報学拠点」
2004.3
TUFS言語モジュール 川口裕司, 芝野耕司, 峰岸真琴 編 東京外国語大学大学院地域文化研究科21世紀COEプログラム「言語運用を基盤とする言語情報学拠点」
2004.3
消滅の危機に瀕した言語の研究の現状と課題 崎山理 編 国立民族学博物館
2003.6
Santali basic lexicon with grammatical notes Makoto Minegishi, Ganesh Murmu 著 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
2001.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想