飯島 一孝   (1948-)

飯島 一孝(いいじま かずたか)は日本のジャーナリスト、外交評論家。 元毎日新聞モスクワ支局長。 旧ソ連・東欧の政治・経済・社会を研究。 [年表] 1948年(昭和23年)9月、長野市生まれ。 1971年(昭和46年)東京外国語大学ロシア語科を卒業と同時に毎日新聞社入社。 青森支局、東京本社社会部、外信部に勤務。 1991年からモスクワ特派員、ソ連崩壊、新生ロシア誕生の歴史的ドラマを取材、1995年にモスクワ支局長として6年間、モスクワで勤務。 1997年に帰国、東京本社編集局編集委員、外信部編集委員を務め、紙面審査委員長に。 この間、旧ソ連・東欧のトピックスを国際面のコラムに掲載した。 2...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イイジマ カズタカ
人物別名 飯島一孝
生年 1948年
没年 -
職業・経歴等 ジャーナリスト

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ロシアのマスメディアと権力 飯島一孝 著 東洋書店
2009.2
六本木の赤ひげ 飯島一孝 著 集英社
2003.5
新生ロシアの素顔 飯島一孝 著 毎日新聞社
1997.9
青春の小原台 四方洋, 飯島一孝 著 毎日新聞社
1986.5
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想