広渡 清吾   (1945-)

広渡 清吾(ひろわたり せいご、1945年12月4日 - )は、日本の法学者。 東京大学社会科学研究所教授、同大学副学長、日本学術会議会長等を歴任し、現在、専修大学法学部教授、東京大学名誉教授。 専門は、ドイツ法、比較法、法社会学。 [略歴] 福岡県出身 1968年3月 - 京都大学法学部卒業 同年4月 - 京都大学助手 1973年4月 - 東京大学社会科学研究所助教授 1980年10月~82年9月 - ドイツ・フンボルト財団奨学生としてドイツ・ギーセン大学に留学 1987年4~10月 - ドイツ・ベルリン自由大学客員講師 1991年4月 - 東京大学社会科学研究所教授 1993年11月~9...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヒロワタリ セイゴ
人物別名 広渡清吾

廣渡, 清吾
生年 1945年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ドイツ法研究 広渡清吾 著 日本評論社
2016.6
日本社会と市民法学 広渡清吾, 浅倉むつ子, 今村与一 編 日本評論社
2013.8
講座ジェンダーと法 ジェンダー法学会 編 日本加除
2012.11
学者にできることは何か 広渡清吾 著 岩波書店
2012.5
〈戦後変形期〉への警鐘 : 長谷川正安・渡辺洋三『法律時報』巻頭言1975-1998 長谷川正安, 渡辺洋三 著 ; 日本評論社法律編集部 編 日本評論社
2011.1
権力の仕掛けと仕掛け返し : 憲法のアイデンティティのために 中村浩爾, 湯山哲守, 和田進 編著 文理閣
2011.7
日本社会と法律学 : 歴史、現状、展望 : 渡辺洋三先生追悼論集 戒能通厚, 原田純孝, 広渡清吾 編 日本評論社
2009.3
比較法社会論研究 広渡清吾 著 日本評論社
2009.3
希望学 東大社研;玄田 有史;宇野 重規【編】 東京大学出版会
2009.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想