朝倉 敏夫   (1950-)

朝倉 敏夫(あさくら としお、1950年 - )は、日本の人類学者。 国立民族学博物館民族社会研究部教授。 専攻は社会人類学・韓国社会論。 [経歴] 東京都出身。 武蔵大学人文学部を経て、明治大学大学院政治経済学研究科修士課程修了。 1988年より国立民族学博物館に勤務。 同助手、第1研究部助教授、民族社会研究部教授・部長、文化資源研究センター教授を経て、2014年4月より現職。 [主な著作] 『日本の焼肉 韓国の刺身-食文化が"ナイズ”されるとき』(農山漁村文化協会) 『世界の食文化:第1巻 韓国』(農山漁村文化協会) [主な著作] 『食は韓国にあり』(森枝卓士との共著、弘文堂) 『く...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アサクラ トシオ
人物別名 朝倉敏夫
生年 1950年
没年 -

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
食科学入門 : 食の総合的理解のために 朝倉 敏夫;井澤 裕司;新村 猛;和田 有史【編】 昭和堂
2018.4.10
財団法人日本民族学協会附属民族学博物館 (保谷民博) 旧蔵資料の研究 飯田卓, 朝倉敏夫 編 人間文化研究機構国立民族学博物館
2017.2
韓国食文化読本 朝倉敏夫, 林史樹, 守屋亜記子 著 人間文化研究機構国立民族学博物館
2015.8
コリアン社会の変貌と越境 朝倉敏夫 著 臨川書店
2015.11
東アジア「朝鮮半島の文化」 : 本館展示記録映像 [国立民族学博物館製作] 国立民族学博物館
c2013
火と食 朝倉敏夫 編 ドメス
2012.9
グローバル化と韓国社会 : その内と外 朝倉敏夫, 岡田浩樹 編 人間文化研究機構国立民族学博物館
2007.3
グローバル化時代における海外コリアンのホスト社会への適応と葛藤 朝倉敏夫 [編] 国立民族学博物館
2007.5
韓国 朝倉敏夫 著 農山漁村文化協会
2005.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想