小岸 昭   (1937-)

小岸 昭(こぎし あきら、1937年 - )は、ドイツ文学者、京都大学名誉教授。 [来歴] 北海道生まれ。 1963年、京都大学大学院独文科修士課程修了。 1965年、日本ゲーテ賞受賞。 1966年 - 1968年にフランクフルト大学へ留学。 京都大学教養部助教授、同総合人間学部教授、2001年に定年退官、名誉教授。 ユダヤ思想研究を軸として、スペイン、ポルトガル、インド、イスラエル、ブラジル、中国などを旅し、ディアスポラ・ユダヤ人の足跡を追究している。 1995年、「日本・ユダヤ文化研究会」創設(神戸市)。 2001年、「ブレーメン館」創設(札幌)。 [著書] 欲望する映像 ドイツ的なる...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コギシ アキラ
人物別名 小岸昭
生年 1937年
没年 -
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
死か洗礼か : 異端審問時代におけるスペイン・ポルトガルからのユダヤ人追放 シェプス 編 ; 小岸昭, 梅津真 訳 フリッツ・ハイマン 著 ; ユーリウス・H 行路社
2013.12
「アンネ・フランク」を超えて : かくまわれたユダヤの子供達の証言 ダイアン・ローレン・ウルフ 著 ; 小岸昭, 梅津真 訳 岩波書店
2011.2
カバラとその象徴的表現 ゲルショム・ショーレム 著 ; 小岸昭, 岡部仁 訳 法政大学出版局
2011.9
中国・開封のユダヤ人 小岸昭 著 人文書院
2007.4
インド・ユダヤ人の光と闇 : ザビエルと異端審問・離散とカースト 徳永恂, 小岸昭 著 新曜社
2005.7
ユダヤ教思想における悪 : なぜ,いま「悪」なのか 植村卍 編著 ; 小岸昭, 池田潤, 赤井敏夫 共著 晃洋書房
2004.6
ゲーテ全集 ゲーテ 著 ; 小岸昭 ほか訳 潮出版社
2003.5
「赤い家」物語 小岸昭 著 思潮社
2002.9
隠れユダヤ教徒と隠れキリシタン 小岸昭 著 人文書院
2002.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想