戚 継光   (1528-1588)

戚 継光(せき けいこう、嘉靖7年十月初一日(西暦で1528年11月12日) - 万暦15年十二月初八日(西暦で1588年1月2日)は、中国の明代の武将である。 倭寇及びモンゴルと戦ってともに戦果を挙げたことからその名を知られる。 字は元敬。 諡は武毅。 竜行剣という剣法の開祖とも伝えられる。 [略歴] 登州衛(山東省蓬莱県)の出身。 中国沿岸を中心に密貿易を行っていた倭寇(後期倭寇と呼ばれる)の討伐に従事する。 浙江省金華・義烏で兵を集め、"戚家軍”と呼ばれる自身の精兵、水軍を組織する。 胡宗憲の指揮下で兪大猷、劉顕らとともに倭寇を討伐する。 (但し、当時の後期倭寇は日本人ではなく倭寇を騙...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ セキ ケイコウ
人物別名 戚継光

戚, 繼光

Qi, jiguang

Ch'i, Chi-kuang
生年 1528年
没年 1588年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
紀効新書 14巻附録1巻 (明) 戚繼光撰 ; (日本) 渡邊敬輔訂正 和泉屋吉兵衛
和泉屋善兵衛
河内屋喜兵衛
秋田屋太右衛門
須原屋伊八
文久3 [1863]
紀効新書定本 9巻圖解1卷 (明)戚継光撰 ; (日本)相馬肇纂定 岡田屋嘉七
秋田屋善助
越後屋治兵衛
安政3.6[1856]官許
紀効新書定本 9巻圖解1卷 (明)戚継光撰 ; (日本)相馬肇纂定 岡田屋嘉七
秋田屋善助
越後屋治兵衛
[安政3.6[1856]官許]
紀効新書 14巻 (存巻6巻) (明) 戚繼光 [撰] ; (日本) 渡邉敬輔訂正 者不明
[出版年不明]
紀効新書定本 9卷圖解1卷 (明)戚繼光 [撰] ; (日本)相馬肇纂定 者不明
安政3 [1856]
紀効新書定本 9卷圖解1卷 (明)戚繼光 [撰] ; (日本)相馬肇纂定 者不明
安政3 [1856]
練兵實紀 9巻雜集6巻 (存9巻) (明)戚繼光撰 ; (日本)藤川憲校讀 者不明
[1847] 序
紀効新書 18巻首1巻 (明)戚繼光撰 ; (日本)平山子龍校正 須原屋伊八
寛政10 [1798]
紀効新書 18巻首1巻 (明)戚繼光撰 ; (日本)平山子龍校正 林伊兵衛
柏原屋與左衞門
須原屋伊八
寛政10 [1798]
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想