井上 太郎   (1925-)

井上 太郎(いのうえ たろう、1925年 - )は、日本の作曲家、クラシック音楽評論家、作家である。 湘南モーツァルト愛好会名誉会長。 日本音楽療法学会元理事。 [来歴] 江戸時代から日本橋本石町に続く薬種問屋の江戸っ子7代目。 生まれは東京都渋谷区桜丘。 女中がいつも4人はいる環境で育つ。 姉に妹2人の真ん中の男で、特別大事にされた。 祖父と父は薬よりも化粧品の製造に力を入れ、その結果生まれたオシドリ銘柄のポマード、香水、椿香油は、大正、昭和前半の花形となった。 近所の大和田小学校に入学した頃、近くに住む高という英語の通訳に英会話の基礎を習った。 この通訳の息子はチェリストの高勇吉で、娘は...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イノウエ タロウ
人物別名 井上太郎
生年 1925年
没年 -
職業・経歴等 音楽評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
モーツァルトのいる部屋 井上太郎 著 河出書房新社
2014.7
レクィエムの歴史 : 死と音楽との対話 井上太郎 著 河出書房新社
2013.4
辞書の鬼 : 明治人・入江祝衛 井上太郎 著 春秋社
2012.6
ハイドン&モーツァルト弦楽四重奏曲を聴く 井上太郎 著 春秋社
2011.2
ハイドン106の交響曲を聴く 井上太郎 著 春秋社
2009.5
モーツァルトと日本人 井上太郎 著 平凡社
2005.9
旧制高校生の東京敗戦日記 井上太郎 著 平凡社
2000.2
レクィエムの歴史 : 死と音楽との対話 井上太郎 著 平凡社
1999.1
大原總一郎 : へこたれない理想主義者 井上太郎 著 中央公論社
1998.9
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想