金子 郁容   (1948-)

金子 郁容(かねこ いくよう、1948年 - )は、日本の工学者(Ph.D.)。 慶應義塾大学教授。 専門は情報組織論、ネットワーク論。 [来歴] 東京都出身。 政策形成とソーシャルイノベーションプログラム所属。 ネットワークコミュニティゼミ主催。 日本テレビ「バンキシャ」のコメンテーター、長野県教育委員、慶應義塾幼稚舎舎長(校長)、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科委員長(2007年10月 - 2009年10月)を歴任。 松岡正剛と親しく、松岡が主催するイベントなどにゲスト参加する事が多い。 門下生に宮垣元(甲南大学教授)、北山聡(東京経済大学准教授)、宮川祥子(慶應義塾大学准教授)、...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カネコ イクヨウ
人物別名 金子郁容
生年 1948年
没年 -
職業・経歴等 工学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
スポーツのちから 松橋崇史, 金子郁容, 村林裕 著 慶應義塾大学出版会
2016.10
ソーシャルインパクト・ボンドとは何か 塚本一郎, 金子郁容 編著 ミネルヴァ書房
2016.11
コミュニティのちから : "遠慮がちな"ソーシャル・キャピタルの発見 今村晴彦, 園田紫乃, 金子郁容著 EBSCO
[201-]
コミュニティのちから : "遠慮がちな"ソーシャル・キャピタルの発見 今村晴彦, 園田紫乃, 金子郁容 著 慶應義塾大学出版会
2010.6
社会イノベータへの招待 : 「変化をつくる」人になる 金子郁容, 國領二郎, 厳網林 編 慶應義塾大学出版会
2010.11
コミュニティ科学 : 技術と社会のイノベーション 金子郁容, 玉村雅敏, 宮垣元 編著 勁草書房
2009.11
日本で「一番いい」学校 : 地域連携のイノベーション 金子郁容 著 岩波書店
2008.10
コラボレーション! : SFCという「融合の現場」 徳田英幸, 村井純, 千代倉弘明, 金子郁容 編著 慶應義塾大学出版会
2007.5
学校評価 : 情報共有のデザインとツール 金子郁容 編著 筑摩書房
2005.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想