星川 啓慈   (1956-)

星川 啓慈(ほしかわ けいじ、1956年 - )は、宗教哲学者、大正大学教授。 愛媛県川之江市(現・四国中央市)生まれ。 1979年までカンザス大学人文学部に学び、1980年筑波大学第二学群比較文化学類現代思想学専攻卒、1984年同大学院哲学・思想研究科博士課程単位取得退学、図書館情報大学(現・筑波大学)助手、87-88年英国スターリング大学客員研究員、91年図情報大講師、94年助教授、大正大学助教授、2000年教授。 1990年日本宗教学会賞受賞。 1999年「「言語ゲームとしての宗教」論 」で大正大学文学博士。 専攻は、宗教学・言語哲学。 [著書] 『ウィトゲンシュタインと宗教哲学 言語...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ホシカワ ケイジ
人物別名 星川啓慈
生年 1956年
没年 -
職業・経歴等 哲学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
シュッツと宗教現象学 : 宗教と日常生活世界とのかかわりの探究 ミハエル・シュタウディグル [ほか] 著 ; 星川啓慈訳 明石書店
2021.5
宗教者ウィトゲンシュタイン 星川啓慈著 法蔵館
2020.7
図解眠れなくなるほど面白い世界の宗教 星川啓慈監修 日本文芸社
2020.7
宗教哲学論考 星川啓慈 著 明石書店
2017.3
ウィトゲンシュタイン『秘密の日記』 ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン 著 ; 丸山空大 訳 ; 星川啓慈, 石神郁馬 解説 春秋社
2016.4
人はなぜ平和を祈りながら戦うのか? 星川啓慈, 石川明人 共著 並木書房
2014.4
脳科学は宗教を解明できるか? = Can Neuroscience Throw Light on Religion? 芦名定道, 星川啓慈 編 ; 冲永宜司, 杉岡良彦, 藤田一照, 松野智章 著 春秋社
2012.8
宗教と〈他〉なるもの : 言語とリアリティをめぐる考察 星川啓慈 著 春秋社
2011.5
統合失調症と宗教 : 医療心理学とウィトゲンシュタイン 星川啓慈, 松田真理子 著 創元社
2010.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想