唯川 恵   (1955-)

唯川 恵(ゆいかわ けい、1955年2月1日 - )は、日本の小説家である。 本名は宮武泰子。 [来歴・人物] 石川県金沢市出身。 石川県立金沢錦丘高等学校、金沢女子短期大学(現金沢学院短期大学)卒業。 北國銀行に就職し、コンピュータルームに配属され、同銀行で7年、義兄の会社で3年、計10年のOL生活を経験する。 茶道、華道、洋裁、エアロビクス、三味線、レザークラフト、着付け、医療事務などの習い事などをするが長続きせず、唯一続けていた日記から小説を書いてみようという気になる。 小唄、スキーは趣味としての記載があり、バイクも作品を書いた関係で、後に免許を取得する。 1984年、29歳の時に『海...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ユイカワ ケイ
人物別名 唯川恵
生年 1955年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
運命の恋 : 恋愛小説傑作アンソロジー 池上永一 [ほか著] ; 瀧井朝世編 Kadokawa
2019.6
みちづれの猫 唯川恵著 集英社
2019.11
バッグをザックに持ち替えて 唯川恵著 光文社
2018.4
逢魔 唯川恵 著 新潮社
2017.6
淳子のてっぺん 唯川恵 著 幻冬舎
2017.9
短編伝説愛を語れば 集英社文庫編集部 編 ; 嵐山光三郎, 江國香織, 小川洋子, 景山民夫, 小池真理子, 白石一郎, 藤堂志津子, 中島らも, 乃南アサ, 原田宗典, 坂東眞砂子, 氷室冴子, 舟橋聖一, 三島由紀夫, 群ようこ, 森絵都, 山本文緒, 唯川恵, 吉行淳之介 著 集英社
2017.10
短編伝説旅路はるか 集英社文庫編集部 編 集英社
2017.12
別れの言葉を私から 唯川恵 著 光文社
2016.4
刹那に似てせつなく 唯川恵 著 光文社
2016.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想