川尻 徹   (1931-1993)

川尻 徹(かわじり とおる、1931年6月7日 - 1993年9月)は、精神科医(医学博士、東京慈恵会医科大学、1981年)、予言研究家。 [概要] 東京慈恵会医科大学卒業。 国立精神衛生研究所所員、青梅成木台病院院長等を経て、病院コンサルタントなどを手がけた。 精神科医としての研究もあるが(「慢性精神分裂病症候群の病態推移と脳波パターンとの関連について」『東京慈恵会医科大学雑誌』第94巻第5号、1979年、本論は後に博士論文として大学に提出されている)、むしろ独特の予言解釈で知られる。 [研究] ノストラダムス予言はアナグラムを使ってフランス語以外でも読めると主張し、主に日本語読み(原典...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カワジリ トオル
人物別名 川尻徹
生年 1931年
没年 1993年
職業・経歴等 精神科医

本の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想