天田 愚庵   (1854-1904)

天田 愚庵(あまだ ぐあん、嘉永7年7月20日(1854年8月13日) - 明治37年(1904年)1月17日)は、江戸時代末期(幕末)から明治にかけての武士、歌人。 本名、天田五郎。 漢詩や和歌に優れ、俳人正岡子規にも影響を与えた。 [生涯] 1854年(嘉永7年)、父・磐城平藩士・甘田平太夫、母で同藩医の娘・浪の5男として誕生。 幼名を久五郎。 兄弟は多かったが、いずれも夭折し久五郎15歳の時は長兄・善蔵、妹・延の2人だけであった。 1868年(明治元年)、戊辰戦争において磐城国も戦場となると、兄・善蔵が出陣し父は残る家族を連れて中山村に疎開するが、のち久五郎も戦場に赴いた。 平城は間も...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アマダ グアン
人物別名 天田愚庵

愚庵

久五郎

鉄眼

天田, 五郎

山本, 五郎
生年 1854年
没年 1904年
職業・経歴等 歌人
をも見よ 天田, 鉄眼(1854-1904)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
明治歌人集 山崎敏夫編 筑摩書房
2013.1.25
東海遊俠伝 天田愚庵 著 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2007.3
戊寅口占 : 愚庵遺稿 複製版 天田愚庵 著 ; 柳内守一 編著 愚庵研究会
1997.3
次郎長物語 : 東海遊侠伝 愚庵禅師 作 ; 井上剣花坊 評釈 柳内守一
1994.9
東海遊侠傳 : 次郎長物語 愚庵禪師[著] : 井上剣花坊評釈 いわき市
1994.9
愚庵十二勝唱和集 - 愚庵文庫
1991.4
天田愚庵展 : いわき市制施行二十周年記念行事 - いわき市
1986
天田愚庵 : 自伝と順礼日記 天田愚庵 原著 ; 高藤武馬 著 古川書房
1984.11
順礼日記 天田鉄眼著 愚庵会
1983
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想