藤本 進治   (1905-1987)

藤本 進治(ふじもと しんじ、1905年 - 1987年)は、日本のマルクス主義哲学者。 大阪市生まれ。 1934年、関西大学大学院中退。 経済学者の藤本昭(神戸大学教授)は甥。 谷沢永一が師と仰いだ。 [著書] 『認識論』青木書店 1957 現代哲学全書 『革命の哲学 現代修正主義批判の哲学的基礎』青木書店 1964 『マルクス主義とは何か』戦後思想叢書 1964 『マルクス主義と現代』せりか書房 1967 『革命の弁証法』せりか書房 1968 『革命闘争の論理』合同出版 1969 『根拠への闘争』せりか書房 1972 『革命の経済学』せりか書房 1976 『資本論の哲学 「革命の経済哲学...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ フジモト シンジ
人物別名 藤本進治
生年 1905年
没年 1987年
職業・経歴等 哲学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
認識論 藤本進治 著 ; 山本晴義 編・解説 こぶし書房
2006.3
資本論の哲学 藤本進治 著 ユニウス
1987.9
資本論の哲学 : 「革命の経済哲学」草稿 藤本進治著 ユニウス
1987.9
革命の経済学 藤本進治 著 せりか書房
1976
根拠への闘争 藤本進治 著 せりか書房
1972
反大学70年戦線 藤本進治[ほか]著 合同
1969
革命闘争の論理 藤本進治 著 合同
1969
革命の弁証法 藤本進治 著 せりか書房
1968
マルクス主義と現代 藤本進治 著 せりか書房
1967
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想