菊池 勇夫   (1950-)

菊池勇夫(きくち いさお、1950年 - )は、日本の歴史学者、宮城学院女子大学教授。 日本近世史専攻。 [人物・来歴] 青森県生まれ。 1973年立教大学文学部史学科卒、80年同大学院文学研究科博士課程単位取得退学。 86年宮城学院女子大学助教授、92年学芸学部教授。 東北・北海道地方を中心に、北方史、飢饉史、生活文化史を研究。 [著書] 『幕藩体制と蝦夷地』雄山閣出版 1984 『北方史のなかの近世日本』校倉書房・歴史科学叢書 1991 『アイヌ民族と日本人 東アジアのなかの蝦夷地』朝日選書 1994 『飢饉の社会史』校倉書房 1994 『近世の飢饉』吉川弘文館・日本歴史叢書 199...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キクチ イサオ
人物別名 菊池勇夫
生年 1950年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
飢えと食の日本史 菊池勇夫著 吉川弘文館
2019.4
北の歴史から - 菊池勇夫
2019.5-
非常非命の歴史学 菊池勇夫 著 校倉書房
2017.1
探究の人菅江真澄 菊池勇夫 著 無明舎
2017.4
エトロフ島 菊池勇夫 著 吉川弘文館
2017.10
近世北日本の生活世界 菊池勇夫 著 清文堂
2016.11
義経伝説の近世的展開 菊池勇夫 著 サッポロ堂書店
藤田印刷エクセレントブックス
2016.10
東北地方の天保の飢饉を中心とした非常態と飢饉の記憶に関する研究 研究代表者 菊池勇夫 菊池勇夫
2015.3
五稜郭の戦い 菊池勇夫 著 吉川弘文館
2015.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想