横井 孝   (1949-)

横井孝(よこい たかし、1949年― )は、国文学者、実践女子大学教授。 東京都世田谷区生まれ。 1972年駒澤大学文学部国文科卒。 77年同大学院博士課程満期退学。 86年静岡大学助教授、96年教授、2000年実践女子大学文学部教授。 [著書] 『のながれ 古代後期小説史論』加藤中道館 1984 『枕草子精釈 文法詳解』新版 中道館 1988 『源氏から平家へ』1998 新典社選書 『円環としての源氏物語』新典社 1999 源氏物語研究叢書 『源氏物語の風景』武蔵野書院、2013 [共編著] 『源氏物語の新研究 本文と表現を考える』久下裕利共編 新典社 2008 『紫式部集大成 実践女...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヨコイ タカシ
人物別名 横井孝
生年 1949年
没年 -
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
源氏物語本文研究の可能性 中古文学会関西部会編 ; 岡嶌偉久子 [ほか著] 和泉書院
2020.3
紫式部日記・集の新世界 横井孝, 福家俊幸, 久下裕利編 武蔵野書院
2020.5
宇治十帖の新世界 横井 孝;久下 裕利【編】 武蔵野書院
2018.3.16
王朝文学の古筆切を考える 横井孝, 久下裕利 編 武蔵野書院
2014.5
紫式部集からの挑発 廣田收, 横井孝, 久保田孝夫 著 笠間書院
2014.5
源氏物語の風景 = Landscape in The Tale of Genji 横井孝 著 武蔵野書院
2013.5
王朝女流日記を考える : 追憶の風景 福家俊幸, 久下裕利 編 武蔵野書院
2011.1
物語絵・歌仙絵を考える : 変容の軌跡 久下裕利 編 武蔵野書院
2011.5
平安後期物語の新研究 : 寝覚と浜松を考える 横井孝, 久下裕利 編 新典社
2009.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想