高橋 伸彰   (1953-)

高橋 伸彰(たかはし のぶあき、1953年7月31日 - )は、日本の経済学者。 専門は、日本経済論、経済政策。 北海道出身。 [来歴・人物] 早稲田大学政治経済学部卒業。 日本開発銀行勤務を経て、現在、立命館大学国際関係学部教授。 武蔵大学教授の高橋徳行は実弟。 [著書] 『数字に問う日本の豊かさ 政府の論理と国民の実感』(1996年、中央公論社[中公新書]) 『優しい経済学 ゼロ成長を豊かに生きる』(2003年、筑摩書房[ちくま新書]) 『少子高齢化の死角 本当の危機とは何か』(2005年、ミネルヴァ書房) 『グローバル化と日本の課題』(2005年、岩波書店) 『ケインズはこう言った ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカハシ ノブアキ
人物別名 高橋伸彰
生年 1953年
没年 -

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
アベノミクスは何をもたらすか 高橋伸彰, 水野和夫 著 岩波書店
2013.6
ケインズはこう言った : 迷走日本を古典で斬る 高橋伸彰 著 NHK
2012.8
日本は変わるか!? : 転換の可能性を探る 大久保史郎, 高橋伸彰 編 法律文化社
2011.4
TPPと日本の論点 農山漁村文化協会 編 農山漁村文化協会
2011.4
脱成長の地域再生 神野直彦, 高橋伸彰 編著 NTT
2010.12
ポスト新自由主義 : 民主主義の地平を広げる : 札幌時計台レッスン 2 山口二郎 編著 ; 金子勝, 片山善博, 高橋伸彰, 上野千鶴子, 柄谷行人 著 七つ森書館
2009.3
後期高齢者の増加がマクロ的な貯蓄動向および社会保障政策に与える影響 研究代表者 高橋伸彰 高橋伸彰
2008.6
少子高齢化の死角 : 本当の危機とは何か 高橋伸彰 著 ミネルヴァ書房
2005.10
グローバル化と日本の課題 高橋伸彰 著 岩波書店
2005.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想