蜂屋 邦夫   (1938-)

蜂屋 邦夫(はちや くにお、1938年11月17日 - )は、中国思想史の研究者、東京大学名誉教授。 1963年東大教養学部教養学科アメリカ分科卒業、1968年同大学院人文科学研究科比較文学比較文化専攻博士課程単位取得満期退学、東大東洋文化研究所助手、1974年助教授、1987年教授、1999年定年退官、名誉教授、大東文化大学教授。 2009年退職。 1993年 東京大学 文学博士 論文の題は「金代道教の研究 -王重陽と馬丹陽 」。 老荘思想、道教が専門。 [著書] 中国の思惟 法蔵館 1985 、「中国的思考」講談社学術文庫 2001 老荘を読む 講談社現代新書 1987 金代道教の研究 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハチヤ クニオ
人物別名 蜂屋邦夫
生年 1938年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
老子×孫子「水」のように生きる 蜂屋邦夫, 湯浅邦弘 著 NHK
2015.2
老子 老子 著 ; 蜂屋邦夫 訳注 岩波書店
2012.4
「老子」「荘子」をよむ 蜂屋邦夫 著 日本放送出版協会
2010.4
「老子」「荘子」をよむ 蜂屋邦夫 著 日本放送出版協会
2010.10
老子 老子 原著 ; 蜂屋邦夫 訳注 岩波書店
2008.12
図解雑学老子 蜂屋邦夫 著 ナツメ社
2006.8
中国思想とは何だろうか 蜂屋 邦夫【著】 河出書房新社
2006.9.30
荘子=超俗の境へ 蜂屋邦夫 著 講談社
2002.10
中国的思考 : 儒教・仏教・老荘の世界 蜂屋邦夫 著 講談社
2001.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想