八幡 和郎   (1951-)

八幡 和郎(やわた かずお、1951年9月24日 - )は、滋賀県大津市出身の官僚、評論家、徳島文理大学教授、コーポレートガバナンス協会理事。 [略歴・人物] 東京大学法学部を経て1975年通商産業省入省。 入省同期に太田房江(元大阪府知事)、石田徹(元資源エネルギー庁長官、東京電力顧問)、三本松進(元経済産業研修所所長)など。 入省後官費留学生としてフランス国立行政学院(ENA)留学。 通産省大臣官房法令審査委員、通商政策局北西アジア課長、官房情報管理課長などを歴任し、1997年退官。 松下政経塾特別研究員を経て2004年より徳島文理大学教授。 2000年、2004年と郷里の大津市市長選挙...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤワタ カズオ
人物別名 八幡和郎
生年 1951年
没年 -
職業・経歴等 評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本の総理大臣大全 : 伊藤博文から岸田文雄まで101代で学ぶ近現代史 八幡和郎著 プレジデント社
2022.1
世界史が面白くなる首都誕生の謎 八幡和郎著 光文社
2022.2
家系図でわかる日本の上流階級 : この国を動かす「名家」「名門」のすべて 八幡和郎著 清談社Publico
2022.5
日本人のための日中韓興亡史 八幡和郎著 さくら舎
2021.4
365日でわかる日本史 : 時代・地域・文化、3つの視点で「読む年表」 八幡和郎著 清談社Publico
2021.7
日米開戦1941 : 最後の裏面史 有馬哲夫, 八幡和郎, 飯倉章ほか著 宝島社
2021.11
日本人のための英仏独三国志 : 世界史の「複雑怪奇なり」が氷解! 八幡和郎著 さくら舎
2020.5
365日でわかる世界史 : 世界200カ国の歴史を「読む事典」 八幡和郎著 清談社Publico
2020.4
日本人がコロナ戦争の勝者となる条件 八幡和郎著 ワニブックス
2020.6
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想