倉西 正武   (1924-)

倉西 正武(くらにし まさたけ、1924年 - )は日本の数学者。 コロンビア大学教授。 名古屋大学卒。 1952年理学博士(名大)。 専門は複素幾何学、複素解析、偏微分方程式。 [活動] コンパクトな複素多様体の普遍変形族(いわゆる倉西族)の構成。 孤立特異点の変形理論における強擬凸CR多様体論からのアプローチ。 9次元以上の強擬凸CR多様体の複素多様体への局所的なCR埋め込みの構成。 倉西の問題を提唱。 近年はCR構造のCartan幾何を研究している。 ラース・ヘルマンダー教授が1967年に導入した擬微分作用素の表象のクラスの座標変換に関する不変性は、倉西教授のアイディアを用いて示された...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ クラニシ マサタケ
人物別名 倉西正武
生年 1924年
没年 -
職業・経歴等 数学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
倉西数学への誘い = Masatake Kuranishi:His Life and Mathematics 藤木明 編 岩波書店
2013.12
CR構造の理論 倉西正武 述 ; 林本厚志 記 日本数学会
2012.7
孤立特異点の変形と∂[-][b] 倉西正武講 ; ノート作製, 赤堀隆夫[他] 数理解析レクチャー・ノート刊行会
1976.6
Selected papers of Masatake Kuranishi editor-in-chief, Heisuke Hironaka ; editors, Takao Akahori ... [et al.] World Scientific
c2013
Analysis and geometry in several complex variables : proceedings of the 40th Taniguchi symposium Gen Komatsu, Masatake Kuranishi, editors Birkhäuser
1999
On a generalization of āb by Masatake Kuranishi Dept. of Mathematics, Columbia University
Mathematics Institute University of Warwick
1972
Deformations of compact complex manifolds par Masatake Kuranishi Les Presses de l'Université de Montréal
1971
Lectures on involutive systems of partial differential equations by M. Kuranishi Sociedade de Matemática de Sấo Paulo
1967
Lectures on exterior differential systems by M. Kuranishi ; notes by M.K. Venkatesha Murthy Tata Institute of Fundamental Research
1962
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想