藤井 貞和   (1942-)

詩人、日本文学研究者。1942年東京生まれ。詩作品集に『日本の詩はどこにあるか』『大切なものを収める家』現代詩文庫『正、続藤井貞和詩集』など。論著に『源氏物語の始原と現在』『源氏物語入門』『日本《小説》原始』『口誦さむべき一篇の詩とは何か』『湾岸戦争論』『物語の起源――フルコト論』など。東京大学教養学部に勤務していて、言語態分析、東洋古典などを担当、教授。Wikipedia「藤井貞和

「青空文庫」より

藤井 貞和(ふじい さだかず、1942年4月27日 - )は日本の詩人、日本文学者。 東京大学名誉教授、博士(文学)(東京大学、1992年)。 [人物] 東京生まれ。 父は折口信夫門下の国文学者で國學院大學名誉教授の藤井貞文。 姉は歌人の藤井常世。 1972年、『源氏物語の始原と現在』で注目される。 2001年、『源氏物語論』で角川源義賞受賞。 詩人として、1999年『「静かの海」石、その韻き』で第40回晩翠賞受賞、2002年『ことばのつえ、ことばのつえ』で藤村記念歴程賞と高見順賞受賞。 2006年、『神の子犬』で現代詩花椿賞と現代詩人賞を受賞。 2007年『甦る詩学』で伊波普猷賞、2008...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ フジイ サダカズ
人物別名 藤井貞和
生年 1942年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
<うた>起源考 藤井貞和著 青土社
2020.7
源氏物語 [紫式部著] ; 柳井滋 [ほか] 校注 岩波書店
2020.10
非戦へ : 物語平和論 藤井貞和著 集室水平線
2018.11
対話のために 浅野豊美, 小倉紀蔵, 西成彦 編著 クレイン
2017.5
源氏物語 [紫式部] [著] ; 柳井滋, 室伏信助, 大朝雄二, 鈴木日出男, 藤井貞和, 今西祐一郎 校注 岩波書店
2017.7
美しい小弓を持って 藤井貞和 著 思潮社
2017.7
国語学史 時枝誠記 著 岩波書店
2017.10
源氏物語 [紫式部] [著] ; 柳井滋, 室伏信助, 大朝雄二, 鈴木日出男, 藤井貞和, 今西祐一郎 校注 岩波書店
2017.11
日本文学源流史 藤井貞和 著 青土社
2016.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想