榎本 知郎   (1947-)

榎本 知郎(えのもと ともお、1947年 - )は、日本の動物行動学者。 [人物] 鳥取県生まれ。 1970年京都大学理学部卒業、1974年同大学院博士課程中退。 東海大学医学部助教授、2007年准教授。 2010年定年退職。 専門は霊長類学、ニホンザルとピグミーチンパンジーの性行動研究。 1979年7月、「The sexual behavior of Japanese monkeys(ニホンザルの性行動)」で理学博士(京都大学)。 [著書] 組織学実習書 金芳堂 1983.3 愛の進化 人はなぜ恋を楽しむか どうぶつ社 1990.9 (自然誌選書) 人間の性はどこから来たのか 1...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ エノモト トモオ
人物別名 榎本知郎
生年 1947年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
なぜヒトは旅をするのか 榎本知郎 著 化学同人
2011.1
性器の進化論 : 生殖器が語る愛のかたち 榎本知郎 著 化学同人
2010.1
ヒト家をつくるサル 榎本知郎 著 京都大学学術出版会
2006.5
ホミニゼーション 西田利貞 編著 京都大学学術出版会
2001.10
性・愛・結婚 榎本知郎 著 丸善
1998.9
ボノボ : 謎の類人猿に性と愛の進化を探る 榎本知郎 著 丸善
1997.2
人間の性はどこから来たのか 榎本知郎 著 平凡社
1994.3
仲直り戦術 : 霊長類は平和な暮らしをどのように実現しているか フランス・ドゥ・ヴァール 著 ; 西田利貞, 榎本知郎 訳 どうぶつ社
1993.2
攻撃とは何か : 新しい人間の能力をさぐる ジョン・クレーマ 著 ; 榎本知郎 訳 どうぶつ社
1990.7
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想