舟橋 尚道   (1925-1998)

舟橋 尚道(ふなはし なおみち、1925年-1998年8月3日)は、労働法学者。 1947年東京帝国大学法学部卒、1960年「労働法学の方法論についての研究」で法政大学法学博士。 全日本炭鉱労働組合書記、1948年大原社会問題研究所に入り、1949年法政大学法学部助手、講師、助教授、60年教授、法学部長、大原社会問題研究所所長、96年定年、名誉教授。 [著書] 『賃金の経済学 働く者の生活安定のために』法政大学出版局 生活の経済学新書 1954 『日本の賃金形態』大月書店 1957 『新賃金入門』日本評論新社 1963 『賃金論研究』時潮社 1965 『労働市場と賃金形態』法政大学出版局 1...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ フナハシ ナオミチ
人物別名 舟橋尚道
生年 1925年
没年 1998年
職業・経歴等 法学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
経済環境と労使関係 舟橋尚道 著 法政大学出版局
1992.11
雇用・賃金 舟橋尚道講師 日本労働協会
1989.12
雇用・賃金 舟橋尚道講師 日本労働協会
1988.12
雇用・賃金 舟橋尚道講師 日本労働協会
1987.12
雇用・賃金 舟橋尚道講師 日本労働協会
1986.12
民間企業における定年制 : 定年延長と高齢化対策 舟橋尚道[著] 公共企業体等労働問題研究センター
1986.3
現代の高齢者対策 : 高齢化社会の就業と公共政策 法政大学大原社会問題研究所 編 総合労働研究所
1985.4
雇用・賃金 舟橋尚道講師 日本労働協会
1985.11
現代の経済構造と労使関係 : 80年代の雇用と賃金をめぐる主要問題 舟橋尚道 編著 総合労働研究所
1984.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想