寺村 秀夫   (1928-1990)

寺村 秀夫(てらむら ひでお、1928年9月8日 - 1990年2月3日)は、日本の言語学者、日本語学者。 専門は日本語文法。 兵庫県揖保郡龍野町(現・たつの市)生まれ。 大阪外国語大学、筑波大学、大阪大学の教授などを歴任した。 著書に『日本語のシンタクスと意味 全3巻』などがある。 [参考文献] 「寺村秀夫先生の業績」(1990)『言語学論叢』9 日本の言語学者 日本語学者 大阪大学の教員 筑波大学の教員 大阪外国語大学の教員 兵庫県出身の人物 1928年生 1990年没

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ テラムラ ヒデオ
人物別名 寺村秀夫
生年 1928年
没年 1990年
職業・経歴等 言語学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ケーススタディ日本語の文章・談話 寺村秀夫 [ほか] 編集 おうふう
2002.3
ケーススタディ日本文法 寺村秀夫 [ほか] 編 おうふう
1998.1
日本語文法セルフ・マスターシリーズ 仁田義雄 ほか編 くろしお
1994.2
寺村秀夫論文集 寺村秀夫 著 くろしお
1993.2
ケーススタディ日本文法 寺村秀夫 [ほか] 編 桜楓社
1992.5
日本語のシンタクスと意味 寺村秀夫 著 くろしお
1992.2
寺村秀夫論文集 寺村秀夫 著 くろしお
1992.2
講座日本語と日本語教育 寺村 秀夫【編】 明治書院
1991.5
ケーススタディ日本語の文章・談話 寺村秀夫 ほか編 桜楓社
1990.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想