桜井 哲夫   (1949-)

桜井 哲夫(さくらい てつお、1949年 - )は、日本の社会学者、東京経済大学教授。 専門は、理論社会学、情報社会論。 [略歴] 栃木県足利市生まれ。 1973年東京外国語大学外国語学部フランス語科卒業、79年東京大学大学院社会学研究科国際関係論専攻博士課程単位取得退学、広島大学総合科学部助手、1981年東京経済大学経済学部専任講師、1982年助教授、1991年教授、1995年同コミュニケーション学部教授。 [著書] 『知識人の運命――主体の再生に向けて』(三一書房 1983年) 『「近代」の意味――制度としての学校・工場』(日本放送出版協会[NHKブックス] 1984年) 『ことばを失...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サクライ テツオ
人物別名 桜井哲夫
生年 1949年
没年 -

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
世界戦争の世紀 : 20世紀知識人群像 桜井哲夫著 平凡社
2019.7
一遍 捨聖の思想 桜井哲夫 著 平凡社
2017.8
廃墟の残響 桜井哲夫 著 NTT
2015.3
一遍と時衆の謎 桜井哲夫 著 平凡社
2014.9
今村仁司の社会哲学・入門 : 目覚めるために 桜井哲夫 著 講談社
2011.7
占領下パリの思想家たち : 収容所と亡命の時代 桜井哲夫 著 平凡社
2007.1
可能性としての「戦後」 : 日本人は廃墟からどのように「自由」を追求したか 桜井哲夫 著 平凡社
2007.4
入門講座デジタルネットワーク社会 : インターネット・ケータイ文化を展望する 桜井哲夫, 大榎淳, 北山聡 著 平凡社
2005.1
「戦間期」の思想家たち : レヴィ=ストロース・ブルトン・バタイユ 桜井哲夫 著 平凡社
2004.3
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想